エントリーフォーム最適化の目的

  • 管理人
  • 2017-03-15
  • 未分類
  • エントリーフォーム最適化の目的 はコメントを受け付けていません。

各社採用に関わる担当者の人たちが、最も気にする応募者数の増減や応募者層がどのようになっているかと言う問題です。少子高齢化が進み大手企業ですら採用活動が派手になってきている昨今にあって、自社に応募する人材をどれだけ増やし、その質も維持向上させていくかと言う大命題に取り組まなければなりません。特に、2017年前後においては、売り手市場であり学生の多くは就職フェア等で活発に動きます。

学生は、気に入った企業に対してパソコンからエントリーする場合がほぼ100%近い確率で行われます。会場での手書き応募と言うのは中々時間的制約や周りの目が有り実践されないケースが多いです。また、履歴書等の送付による応募や、はがき応募もその数を減らしています。多くの学生は、その企業の採用ページを開いて、いざ応募しようとエントリーフォームを見てキーを打ち込みます。中には気軽にスマホからエントリーする学生も増えてきています。こうした中、自社エントリーフォームが、入力しにくい、見た目が分かりにくい、このカラムには何を記載して良いのかわからないなど、いわゆる不親切な設計になっていれば、学生は途中で応募を断念してしまいます。こうしたことを防ぐためにもエントリーフォームの最適化が必要になり目的としています。